<> 名城大学 日本拳法部
 日本拳法部主将の渡邊彰太です。私は昔から格闘技に興味がありましたが周りに格闘技をできる環境がなく、大学で初めて日本拳法という格闘技を始めました。入部してからは試合で勝ったり色々な人と関わることができたりして嬉しかったり楽しかったこともありましたが、逆に試合で勝てないときが続いたり、部活動を継続させる為に競技だけを楽しんでいられない状態が続くなど辛いことも沢山ありました。しかし、現在ではそれらのことを経験したことによって自分自身が入部してから肉体的・精神的にとても成長できたと実感しています。
 今年度で私は卒業しますが、後輩たちや来年度我が部に入部してくれる新入生にも私と同じように様々なことを経験して自分自身の成長を実感してもらえたら嬉しいと思っています。ですが、まずは部活動を楽しんでもらいたいです。楽しく練習し、それが大会等で入賞することに繋がれば嬉しく思います。また、卒業するころに入部して良かったと思ってもらえれば幸いです。
 日本拳法とは、突き、蹴り、投げ、関節技を使う総合格闘技です。防具を装着するので 安全性に優れていて、かつ精神面や肉体面を鍛えることができます。          
 日本拳法は総合格闘技のため、自分の個性を生かし、自分に一番合ったスタイルで自分を鍛えることのできる楽しいスポーツです。   我が部は、特に厳しい上下関係は無く、「普段は楽しく、練習時は真剣に」を方針とし、メリハリのある活動をしています。部員のほとんどが大学から拳法を始めていて、真面目に練習を続け、黒帯を習得しています。現在は、月・水曜は16:30~19:30、土曜は10:00~13:00の週3回練習を行っており、「中部日本学生拳法選手権大会 優勝」を目標として、練習に励んでいます

 
 
 

 

 

     
◎部長/篠田 四郎 ◎主将/渡邊 彰太(愛知県立衣台高等学校出身)    
◎監督/日比 和宏 ◎副将/中島 万貴人(愛知高等学校出身)
◎コーチ/川村 祥彰◎部員数/男16名・女3名・合計19名
◎目標/中部日本学生拳法選手権大会優勝  

 

 

■2017年度 活動報告
4月 ・都道府県大会
6月 ・昇段級審査
   ・全国大学選抜選手権大会
   ・中部日本学生拳法選手権大会
7月 ・新入生歓迎会
9月 ・昇段級審査
   ・全日本拳法総合選手権大会 
10月 ・中部日本学生拳法新人戦
   ・全日本学生拳法個人選手権大会
11月 ・日本拳法中部総合大会
   ・中部新人日本拳法個人戦大会
   ・全日本学生拳法選手権大会
12月 ・昇段級審査
   ・追い出しコンパ