<> 名城大学 少林寺拳法部
 私たち この機関紙を受け取るころには町全体がすっかり冬の装いになっていることでしょう。
 新体育館3号室の床は少しずつ冷たくなり素足で練習をする私達にはつらい季節到来です。毎年4月には新しい学生が入部し翌年には卒業していく学生がいます。どんなメンバーであっても新体育館は変わらないいでたちで私達を受け入れてくれます。
 1つ変わっていくのが学生達で、入部してくる思いや意気込み、部活動に求めるものが当たり前ですがそれぞれ違います。また、「気質」の違いを感じます。
 そうであっても、目標を定めて全員が同じ方向へ進まなければいけません。本年度はどうだったのでしょう?卒業を控えた学生達を前に私が1年を振り返る時期にきています。
 2016年の出来事は4月に起きた熊本地震、8月には東京都知事に小池百合子氏就任、築地市場から豊洲市場への移転問題、広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝があげられます。
 来年はどんな1年になるのでしょう。4年生の皆さんお疲れ様でした。
 少林寺拳法は、日々自分と向き合うことから始まります。それはとても難しい事ではありますが、その分とても楽しい事でもあります。
 日々の日常の中ではあまりこうゆう機会はないと思います。
また、共に練習してくれる仲間がいればお互いに切磋琢磨し、より一段と毎日が充実することでしょう。
 また大会や合宿もあるので、目標を自分なりに立ててみんな頑張っています。
 少林寺拳法は武道の中ではまだ知っている人が少ない武道だとは思いますが、他の武道にも負けない素晴らしいものであると思っています。
 少林寺拳法は、勝負の勝ち負けではなく、「自分に勝つ」というものです。相手を負かすことだけを考えるのではなく、自分より立場の弱い人を助け、また修行法でもあるので、自分に
負けない強さを身につけることを考えています。これは中々簡単なことではありません。
 しかし一緒に練習してくれる部活の仲間がいれば決して無理なことではありません。なのでより多くの人たちと少林寺拳法を通してやっていければいいなと思います。
 また来年度から来る新しい仲間を僕たち楽しみに待っています。
http://www.meijouniversityshorinjikempo.com/

i
 
   
 

 

 

     
◎部長/加藤 幸久 ◎主将/柴田 剛志(愛知県立名古屋南高校出身)
◎監督/山口秀明 ◎副将/田澤 雅之(岐阜県立益田清風高校出身)
◎コーチ/仁田 雅俊 ◎男10名・女2名・合計12名
◎目標/上位入賞!
   
 

 

 

■2016年度 活動報告
 2月 本部合宿
 5月 新入生歓迎会
 6月 東海学生大会
 7月 古武道大会
 8月 夏合宿
 11月 全日本学生大会
 12月 東海学生新人大会