<> 名城大学 航空部
 本部棟付近、毎年新勧の時期になると白くて翼の長い飛行機が展示されているのを見られた方はどれほどいらっしゃるでしょうか?
自分たちはあれに乗り込み、風に乗って空を飛んでいます。実際の訓練ではいきなり一人で空に上げられることはなく、自動車学校の教官のような専用のライセンスをもった上級者が同乗するので安心してください。こういった飛行訓練は学校の付近の限られたスペースではできません。
 そのため、木曽川や揖斐川の河川敷に長さ1km程度の草地の滑走路が設営されており、そこに飛行機を持ち込み、各大学で訓練生や教官を集めて合宿訓練を行います。この合宿は土日のような週末を利用するもの短いものから、長期休暇中に1週間程度みっちりと行うものがあります。合宿中は(大体)外の世界と切り離されて昼間は訓練、夜はミーティングと宿舎の運営に専念します。正直、結構燃えます。また専門の知識を持つスタッフや機体の手配が合宿毎に必要なので、頻繁に合宿は行えません。そのため、普段は部室でのミーティングや基礎的な操縦法の学科を行ったりします。
 部員は、やはり飛行機やシューティングゲームが好きな人が多くいます。(そうでなくても大丈夫ですよ。最近は特に。部員の中にはごく一般的な趣味を持つ人もいます。)また人によっては純粋に空が好きで入部した者も自大学他大学含め多くいます。空に興味がある方はいつでも部室に来てください。中々ない経験でもありますので一度体験してみるのも良いですよ!
あとお金がかかる部活でもありますが、個々人の懐具合も考えて調整ができます。
 こんにちは。名城大学航空部主将の岡田です。
自分たち航空部は「グライダー」という滑空機で空を飛んでいます。鳥人間とよく間違えられますが鳥人間ではありません。
 グライダーは空を飛んでいるので不安かもしれませんが後ろには教官に乗ってもらい、教えてもらいながら飛んでいるので安心です。
 空を飛ぶという事は、日常生活の中では旅行などで旅客機に乗る事はあっても、自ら空に飛びに行くという体験はありません。自分の操作でグライダーが旋回し、風にのってどんどん高度を上げていくような体験は、この部活でしかできません。新鮮で乗れば乗るほど楽しみが増えていきます。このような飛ぶことの楽しさを、ぜひ多くの人に知ってもらいたいと思います。

 
 
 

 

 

     

◎部長/宇佐美 勝 ◎主将/岡田 晃大(名古屋西高校出身)

   
◎監督/村瀬 勝久 ◎副将/木村 祥真(岐阜・鶯谷高校出身)

◎コーチ/堀田省二郎◎部員数/男13名・女1名・合計14名

◎目標・スローガン/初単独飛行、そして大会入賞  

 

 

■2016年度 活動報告

4月 新入生勧誘活動、グライダー展示 
   入部希望者体験搭乗会開催
5月 おおのローズカップ(大野滑空場)
6月 航空部OB総会・新入生歓迎会、
   春季大野合宿(大野滑空場)
8月 夏季木曽川合宿(木曽川滑空場)
   夏季福井合宿(福井空港)
   東海・関西学生航空連盟 
   合同委員会(木曽川滑空場宿舎)
9月 夏季木曽川合宿(木曽川滑空場)
10月 秋季大野合宿(大野滑空場)
    新人戦(参加なし)
11月 秋季木曽川合宿(木曽川滑空場)
    東海関西学生グライダー競技会(参加なし)
12月 東海関西学生航空連盟 
    合同委員会(木曽川滑空場宿舎) 
    航空部部長会(名古屋大学)予定
2月  冬季木曽川合宿(木曽川滑空場)予定
3月  名城・名工・岐阜・南山大学対抗
    グライダー競技会(木曽川滑空場)予定